JavaScriptを学ぶのに役に立つ書籍

JavaScriptの書籍選びについて

JavaScriptを学ぶには書籍選びには注意しなければならない。

C言語だったら、たいして悩まなくてもいいんです。売れていて、昔から実績のある本を選んでおけば間違いない。

JavaScriptは、そうはいかない。新しい情報は次次に出てくるし、環境やらツールやら、ライブラリやら、外の情報もすぐに古くなる。なので、単純に実績のある書籍を選べば良いかというとそうでもない。私が読んだ書籍で、おすすめのものを紹介してみる。

JavaScript第6版

JavaScript 第6版

JavaScript 第6版

昔から売れている実績のある書籍。JavaScriptの本質を書いた書籍はこれしか無いと言われたほどのバイブル。多少内容は古い(新しい情報を扱っていないという意味で)。

初めてのJavaScript第3版-ES2015以降の最新ウェブ開発

初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発

初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発

JavaScript第6版同様、オライリーから出版されている。JavaScript第6版との比較で言えば、最近の情報を扱っている。そして、若干コンパクト。jQueryやNode.js,非同期プログラミングなど、今時のJavaScript開発では避けては通れないネタも豊富に扱っている。Gitやnpm,gulpなどのツールについての説明もあるので、より実践的な内容を学べる。

開眼!JavaScript-言語使用から学ぶJavaScriptの本質

開眼!  JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

こいつは、JavaScriptの言語仕様をかなりコンパクトかつ丁寧に説明した書籍。付随する情報は少ないが、JavaScriptの密度の濃い理解だけを求めるならこいつが良いと思う。JavaScriptはいろいろ出来る言語なので、幅広くトピックを扱った書籍では、くどいという方にはお勧め。例えば、私なんかは、クローリングなどに興味があり、その他のジャンルは興味が無かったりするので、一部の機能は、知っていても知らなくてもどうでもいい。手っ取り早くJavaScriptを学んで、次の学習に進みたいならこれ一択!!!